二郎好きな温泉とバイクが大好きな人移転部屋

移行したデータの為、2019年8月以前の記事はクリックしても画像が拡大されないのでご容赦ください。

    2015年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    イメージ 1
    あまり遠出はできないので今回はこちらに。
    開店当初に看板メニューを食べてからの二回目、別に苦手な訳ではないけれども。
    昼前に行ったら入り口の券売機の所で行列、後ろにも繋がりが発生。
    メニューの数が多いので、選ぶのも結構大変。ここの券売機は最後に清算ボタンを押すと、
    複数のメニューが一枚に印刷されて出てくるのですね、最新スペックだ!

    メニューのファイルかと思ってたら、スタッフさんの紹介(手書き)や巻末からのマンガ(源流から今に至るまで)、
    なかなか楽しく読ませる内容で一見さんには飽きが来ない、上手く作ってますね。店内は6割の入り具合で。
    イメージ 2
    いっその事、二郎もこういうのを作ったら面白いかもしれませんと妄想してる内にできあがり。

    一郎ラーメンニンニク+プチ麻婆丼
    イメージ 3
    ニンニクは入り口での食券提出時に女性店員さんからのニンニク入れますか?にてオーダー。
    イメージ 4
    イメージ 5
    確かに見た目には良くできてるなぁとの第一印象でしたが・・・・。
    予想通りに野菜は増せず&モヤシ95%、キャベツは右奥の一角に申し訳なそうに鎮座。
    炒めモヤシはシャキシャキで食感はいいですが。あと、卓上一味の辛さは大変にマイルドで。
    スープが豚骨醤油ながらインスパイア系でも見たことが無いほどの超ド乳化仕様。
    ドロドロと凝縮の進んだそれは南銀入口の天下一品にも匹敵する思い、脂が廻り過ぎとはこういうものかと。
    しょっぱさもおとなしく、粉効かせ過ぎの感がありありとしてました、ええ。そこそこの熱さは好印象です。
    麺はちょっと太めなツルツル麺、200g位?どんぶり小さいのでみっちり詰まってる感じですが、
    引き上げて入れたそのままなのか、滑り止めの無いエコ箸と相まって持ち上げにくい事ったら。
    炙ったバラ肉チャーシューは香り高く柔らか、ニンニク乗せて巻いて食せばいい塩梅。
    いいところも良くなかったところもあったけど今ひとつの感想、やはり一杯750円では・・・。
    まさにインスパイアのど真ん中を行ってるとの思いが殊更に強く。プロレス団体で例えるとWJプロレスか?
    しかしながらプチ麻婆丼はさにあらず、やはり得意なフィールドでの強さが辛さと共ににじみ出まくり。
    ラーメン食べ終えてからでしたが、ビールが欲しかったと(笑)、期間限定ですけどこれで120円はコスパ高し。
    頬張ってから残りのスープを含むと、二郎と中本の見事なマリアージュ!(南銀入口のお店より好みw)
    ちゃんと考えると、可能性の広がりを感じた訳でして・・・、ご馳走様でした。

    飲んだ後にも需要が高そう・・・。
    イメージ 6
    南銀奥の直系はそのうちにまた。
    今宵も駄文にお付き合いいただき感謝です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    イメージ 1
    お昼の真ん中に行ったらベンチほぼ満席。
    ほどなくして大量に出てくるお客さん、しかしきっかり自分の手前で足切りです、ええ。
    つけ麺どでんが今月、あっちの方向にできましたがそんなに空いてません。
    イメージ 2
    これも一種の相乗効果なのかな?
    イメージ 3

    20分弱で呼ばれました、店内猛アピール中ですね。
    イメージ 4
    一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、曜日の1つである。単に万倍とも言う。
    「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。
    一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、
    特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。(以上、Wikiより)

    あまり見かけない言葉でしたが、これまで全く知らなかったので勉強になりました。

    ラーメンニンニク多め+茹で玉子
    イメージ 5
    イメージ 6
    今回はヤサイとは言わなかったのでオードソックスな見立てです。
    ニンニクは多くても辛くなく、太めで固めな麺に絡めても自分好みでいい感じ。
    豚は一切れだけど、少しの味の染み込みとほどほどの固さで駅近くの直系とは大きく違う仕上がり。
    スープは熱すぎず温過ぎずちょうどいいもののやや甘みが強くて、脂の甘みと重なってだいぶマイルド。
    つけ麺どでんのつけ汁の濃さの印象が強いせいなのか、だいぶおとなしめな一杯に感じてしまい。
    うーん難しいですねw、ともあれ方向性の違いを感じた一杯でご馳走様でした。

    お隣の空き店舗は内装工事が始まってました、果たして一体どんなお店になるでしょうか?
    今宵も駄文ですいません。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    イメージ 1
    いよいよ始まった春のつけ麵、他には無い構成なので今年もまた。
    入り口脇には堂々と貼り紙が。
    イメージ 2
    西台店の様に平日昼やらなかったりと一抹の不安があったけれども・・・。

    ありました!
    イメージ 3
    せっかくなので久しぶりに豚入りにしてみようと思います。
    今回も助手さん2人での営業。店主さん不在ですが手慣れた手つきで袋から乾燥したアオサを、
    大きなタッパーから細かく砕かれた専用のブツを入れてるのが向こうに見えます。

    始めにつけ汁が
    イメージ 4
    やや大きく見えるのが林檎のかけら、大きなめなニンニクにも見えますが。
    麺もあつもりが冷やか選べます。先にラーメンの方を出してから・・・。

    リンゴとアオサのつけ麵ニンニクヤサイ
    イメージ 5
    イメージ 6
    と、ここで降ろしてから気が付きました、ミニ相当だった!
    豚入りラーメンの時にも良くやらかしたけど今回もまたやってしまった。
    気を取り直していただきますが、野菜を増やしたのでなかなか麺にたどり着けません。
    つけ汁はリンゴの酸味がわずかに効いててしょっぱさと相まっていい感じ。
    甘さはほとんど感じないつけ汁ですが、アオサの優しい口当たりも好印象。
    ただ、やはり液体油が多くてだいぶオイリーだったのも想定の範囲内(か?w)
    麺に絡みまくりの茶色いブツは何なんでしょう(フライドオニオン?思い出せない)
    豚は以前同様のかなり歯ごたえのあるもの、脂身もあったけど薄切りの食感もあまり変わらなかった事を
    考えると、やはり麺が多かった方がより良かったのかなぁと一思案してご馳走様でした。

    南銀にはたくさん生息してます。
    イメージ 7イメージ 8
    会議中お邪魔してすみませんね。
    イメージ 9イメージ 10
    お代は払いますから撮らせてくださいねw

    今宵も駄文にお付き合いいただき感謝です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    イメージ 1
    上野東京ラインに乗ってみたかったのが3割、週末食べられなかったのが4割という事で。
    いやぁ、やっぱり早いですね。上野から新橋まで10分弱ですから。
    今までは上野から乗り換えしてそのまま各駅停車だったのに比べれば格段に違いました。

    駅出てから一味を忘れてきたことに気が付いてちょっとウロウロしたけれど
    慶大正門の道路向こうにありますね、100円ショップが。助かりましたw
    イメージ 11
    昼前&今日のこの天気なのでやはり予想通りに並びは少なく。
    イメージ 2
    外待ち3人、15分位で入れました。東京の水と一緒に。
    イメージ 3

    ラーメンニンニク
    イメージ 4
    イメージ 5
    表も寒いのでしんなり野菜の冷たさが際立ちます、温めのスープなのでさらに温度も低くなります。
    しかし、それでもダシが良く出てるし粉の効き具合もなかなか。
    柔らかめな麺もいつも通りだし、豚に至っては毎回の高いレベルにおいての安定さ。
    他のどこのお店でも味わえない、表面も艶やかなプルプルした分厚い豚肉。
    旨みもしっかり凝縮されててニンニク乗せると幸せになれますね(笑
    禁断症状がピタッと治まる旨さの一杯でご馳走様でした。
    亀戸の店主さんが二周年のご挨拶に来られていました。そちらも行かないとなぁ。

    界隈にもラーメン屋さんがまたどんどん増えてきてます。
    イメージ 6イメージ 7

    しかしながら横綱相撲ですね。
    イメージ 8
    またHDD買ってしまった・・・。
    イメージ 9

    こんな駄文にアクセスしてくれる方々に今宵も感謝です。
    イメージ 10

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    イメージ 2
    今日はデジカメを忘れてしまいました、なので画質はいまひとつ。
    iphone5なんだけど、やはり力不足でシャープさに欠けるというかなんというか・・・。

    昼近くでしたが、ほぼ並ばずにさっさと中へ。
    なかなか好条件なのか、仕事量から考えてキツいのかはてさて。
    イメージ 3
    などと考えているうちに出来上がり。

    大ラーメンニンニク生姜(注 他店の小相当)
    イメージ 4
    イメージ 5
    手前に降ろしたと同時にスープが決壊。って、こんなに並々と注がれたのは初めて。
    というか、よく観察すると手前と奥でスープの喫水線が違って見えますから、
    これはカウンター手前に傾斜してますね(笑
    イメージ 6
    昔の鶴見店とかを思い出します(懐かしいなぁ)

    映り同様に今回のスープはだいぶしょっぱさマイルドで乳化も進んだ状況。
    ホクホク野菜やプリッとした茹で上がりの麺はいつも通りでした。
    やや麺量が多く感じたのはたまたまでしょう。
    豚は腕肉と珍しい巻き豚、どちらも肉々しくとも固過ぎにいい塩梅。
    全まし!とか脂以外全ましまし!!とかの威勢の良さにはかないません、ええ。
    これからも細く長く付き合えればいいのかなぁと思った訳でご馳走様でした。

    また来年咲くのを楽しみにしております。
    イメージ 7

    ちょっと試しにブログ村にエントリーしてみましたよとw
    イメージ 1

    このページのトップヘ